研修医

指導医からのメッセージ

どんな医師になりたいか、イメージすることから始めましょう。

みなさんはどんな医師になりたいでしょうか?目標が定まっている人、なんとなくぼんやり考えている人、全くイメージできない人、色々あると思います。ガンガン経験を積みたい人もいれば、無理なくプライベートも大事にしながら学んでいきたい人もいるでしょう。

当院では皆さんの目標や希望に合わせて、どのように研修するのが最も良いか、一人一人考えています。大病院ではないので超高度な医療や大手術を経験する機会は限られていますが、医師として重要な全人的視点や診療技術を学ぶ機会は、恐らく皆さんが考えているより遥かに多くあります。特に消化器内科と循環器内科は数多くの救急症例を受け入れていますし、総合診療科では扱う病像の多様性と視野の広さに驚くと思います。

是非、地域の病院がどこまでできるのか、その目で確かめてください。当院でできない経験も、外部研修で可能な限り希望を叶えられるようにしています。

何でも気軽に相談してください。皆さんの自己実現の手助けができれば嬉しいです。

下越病院 総合診療科 科長
酒泉 裕 先生

下越病院の研修の特長

  • 1人1人の要望に合わせたオーダーメイドな研修

  • 総合診療科を中心とした
    内科研修

  • 消化管内視鏡・心カテ
    豊富な症例数

  • 地域の方との
    健康予防活動